横浜でおすすめの包茎手術クリニック よくある質問Q&A

包茎手術とは?クリニックでの手術方法には種類がある?

包茎手術とは?クリニックでの手術方法にはどんなものがある?

男性にとって「包茎」は、自信をなくしてしまうコンプレックスの一つです。
包茎のままだと雑菌が繁殖しやすくなり、性感染症や炎症を引き起こす場合があります。
また、性交を行う際にも女性から嫌われてしまうのではないか?と自信をなくし、積極的になれない方もいることでしょう。
そんな包茎を改善するなら、クリニックでの手術がおすすめです。
今回は、クリニックで行われている包茎手術について詳しくご紹介していきましょう。

 

包茎手術とは?

包茎というのは陰茎部分を包んでいる「包皮」が余っていて、通常時だけではなく勃起状態になっても亀頭部分まで包皮で覆われている状態を指します。
包茎にも「仮性包茎」「真性包茎」「カントン包茎」の3つのタイプがあり、それぞれ特徴が異なります。

 

例えば、仮性包茎では自分で包皮を剥けば問題ないケースが多いのですが、真性包茎は包皮が陰茎もしくは亀頭に癒着していて剥けない状態になります。
カントン包茎だと包皮口が狭いことで締め付けてしまい、痛みを伴います。
真性包茎やカントン包茎の場合はクリニックでの手術が必要です。
仮性包茎は重度の症状でなければ治療しなくても良いのですが、見た目が悪かったり、衛生的に良くなかったりすることから、手術を選ぶ方が多いです。

 

包茎手術の術式の種類

包茎手術は包茎の種類によって行われる手術が違ってきますが、各クリニックによっても違ってきます。
包茎手術にはどのような種類があるのでしょうか?

 

亀頭直下埋没法

包皮というのは先端にある包皮輪を境に、外板と内板に分かれています。
基本的に内板は亀頭に接する部分になるのですが、そんな内板のほとんどを取り除き、包皮外板を亀頭側に持っていく方法を「亀頭直下埋没法」と言います。
亀頭直下埋没法は包皮を切除する為に付けた傷跡が、亀頭の下に隠れるため自然に剥けたような仕上がりにできます。
包茎手術が可能なクリニックの多くが亀頭直下埋没法を採用しています。
また、元々早漏だったという方はこの方法を取り入れると改善される場合があります。
比較的、仮性包茎といった軽度の症状向けの治療方法です。

背面切開法

背面切開法は包皮を縦に切開し、包皮輪を広げることで余った包皮を取り除ける治療方法を指します。
背面切開法は主に真性包茎やカントン包茎に用いられることが多く、保険診療にも対応可能です。

 

環状切除法

環状切除法とは包皮を1周回って切開し、余った包皮をなくす治療方法です。
余った包皮をなくしたら切開した全周を縫合していきます。
一般的にはカントン包茎に用いられる方法です。

 

根部切除法

亀頭直下埋没法や背面切開法、環状切除法はいずれも亀頭側を切開し、余った包皮をなくすものでした。
しかし、根部切除法の場合、陰茎の根元から切開し、余った包皮を取り除く方法になります。
根元部分を切開すると傷跡は陰毛によって隠れてしまう為、ほとんど目立ちません。
この方法は基本的に仮性包茎が対象であり、真性包茎やカントン包茎には用いられません。

 

包茎手術にはこのように様々な種類がありますが、包茎の種類によっては対応できない場合があります。

 

例えば、根部切除法であれば真性包茎やカントン包茎の手術はできません。
その為、自身の包茎に合わせて包茎手術の術式を選ぶ必要があります。
もし、自分の包茎がどんな種類なのかよく分からないという場合は、クリニックの医師に相談しながら決めていくと良いでしょう。

 

 

包茎手術の種類は今回ご紹介した以外にも、各クリニックが独自で推進している方法もあります。
それぞれの手術の特徴はホームページなどでも紹介されているので、どんな方法なのか把握した上でクリニックに相談するようにしましょう。

ページトップ