包茎手術をするメリットとは?

軽度の症状も含め、日本人の多くは包茎だと言われています。
真性包茎やカントン包茎に関しては手術を受けた方が良いですが、症状が比較的軽い仮性包茎になると特別、包茎手術を受けなくても問題はありません。
しかし、包茎手術することで様々なメリットが得られる為、仮性包茎の方もクリニックへ相談した方が良いでしょう。
では、包茎手術をすると具体的にどんなメリットがあるのでしょうか?
今回は包茎手術のメリットについてご紹介していきます。

 

見た目のコンプレックスを改善できる?

まず、見た目のコンプレックスを改善できるというメリットがあげられます。
包茎に悩んでいる方の多くは、症状で困っているというより見た目のコンプレックスに悩まされているケースがほとんどです。

 

例えば社員旅行や修学旅行など、温泉に入る時に他の人に見られると恥ずかしく感じてしまうことがあります。
このような思いをしてしまう前に包茎手術を受けてしまおうと考える方は多いのです。
包茎手術の術式によっては傷跡が目立たず、包茎だったことが分からないくらい自然な仕上がりにできます。
包茎手術でコンプレックスが改善されれば、堂々と温泉や旅行へ行けるようになるでしょう。

 

性病や炎症になるリスクが減る?

包茎は、亀頭が常に包皮に覆われている状態です。
その為尿を出した時に包皮に付着したり、亀頭のカリには汗腺が備わっているので湿った環境を作ったりと、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。
毎日お風呂で剥き、洗っているから問題ないと考える方は多いかと思いますが、傷が付いてしまった時に問題が発生します。

 

例えば、お風呂でふやけた後に擦っていると垢のようなものが出てきます。
垢というのは皮膚の表面を削ることで表れます。
出血はしませんが目には見えない傷がたくさん付いている状態です。
そんな小さな傷がたくさんできたところに雑菌が入り込んでしまうと、炎症を引き起こしたり、性病に感染したりしてしまいます。
いくら綺麗に洗っていても包茎だと雑菌が繁殖する環境をすぐに作り出してしまうのできりがありません。
一度、包茎手術を行い雑菌が繁殖しにくい環境を作ってしまえば、性病や炎症になるリスクは減るでしょう。

 

早漏を改善できる?

包茎と早漏は一見関係ないように感じられますが、実は深い関係性があります。
包茎の場合、普段は亀頭が包皮に覆われている為、それほど刺激は感じられないのですが、剥いた状態になると普段の刺激に慣れていないせいでより敏感になっています。
その為、包茎の人は早漏で悩んでいる場合が多いのです。
包茎を改善すると、常に亀頭が表れた状態になっているので刺激に慣れ、早漏が改善されていきます。
包茎と早漏が治れば性交の際のコンプレックスが解消されます。
パートナー含め、満足度の高い性交につながるでしょう。

 

信頼できるクリニックで包茎手術をしよう!

包茎手術をすることのメリットをご紹介してきましたが、クリニックごとに提供されている術式、抜糸の有無は異なっている為、信頼できるクリニックを選べばより多くのメリットが得られるでしょう。

 

例えば、包茎手術に対して不安・疑問を抱えている方は多いです。
そんな方は匿名で相談できるシステムを取り入れたクリニックがあります。
また、男性専門クリニックの中にはプライバシーを配慮して他の人に会わないよう完全予約制にしていたり、カウンセリングルームや手術室を全て完全個室にしていたりするので、周囲からの目を気にせず安心して治療ができます。

 

包茎手術では様々なメリットが得られるので、軽度の仮性包茎であっても包茎手術を検討してみましょう。
また、信頼できるクリニックを選ぶことで、より多くのメリットが得られます。
それぞれのクリニックで特色は異なるので、自分に合ったクリニック探しを行いましょう。