仮性包茎は改善するべき?特徴と放置するリスクを確認しよう

包茎の種類で日本人に最も多いとされているのは仮性包茎です。
日本人の70%が仮性包茎というデータも一説にはあります。
仮性包茎は、そのままでも問題ないと言われていますが、本当に包茎手術は必要ないのでしょうか?
ここでは仮性包茎の特徴や包茎手術の必要性についてご紹介しましょう。

 

仮性包茎の特徴とは?

普段、亀頭が包皮に覆われた状態で、勃起すると亀頭が露出される、もしくは簡単に亀頭を露出させられる状態を仮性包茎と呼びます。
状態は軽度から重度まであり、勃起しても手で剥かないと亀頭が露出できない状態は重度にあたります。

 

仮性包茎の原因は、亀頭を包み込んでいる包皮が余ってしまうことです。
包皮が長い、またはペニス自体が小さいと皮が余り、亀頭に被さってしまいます。
ペニスは体の成長と共に大きくなり、仮性包茎も次第にズル剥け状態に改善されます。
しかし、自慰行為のやりすぎや包皮を剥かないまま放置すると、ペニスや亀頭、包皮の成長が悪くなり小さいペニスのまま大人になります。
その結果、仮性包茎となってしまうのです。

仮性包茎を放置するリスクとは?

仮性包茎は、他の包茎と比べて亀頭を露出させやすいことから、日常生活に支障をきたすリスクが低いとされています。
その為、特別、手術を受ける必要なないと判断されることも多いです。
しかし、仮性包茎も様々なリスクがあるので、放置の危険性を見ていきましょう。

 

雑菌による悪臭や性病感染のリスク

包皮の中は高温多湿でジメジメしており雑菌が好む環境である為、繁殖によって悪臭を放つリスクがあります。
特に亀頭が露出した状態の先端部の包皮は弱く、湿っていると傷が付きやすくなる為、そこから雑菌が侵入し、包皮炎や亀頭炎などを引き起こします。
包皮の傷に性病菌やウイルスが侵入すれば、性病感染を引き起こすリスクも高まります。

 

性行為に関するリスク

普段は亀頭が包皮に守られた状態なので、刺激にとても弱く早漏になりやすいとされています。
また、性行為の際に亀頭と包皮がつながった部分が痛むケースは多いです。
長い皮でコンドームがずれて抜けやすくなるというトラブルも珍しくありません。

 

介護を受ける時のリスク

高齢となり介護施設に入居したり、病院に入院したりすると、毎日の入浴が難しくなります。
人が洗いにくい場所でもあり、また入浴の回数が減るとなると衛生面に不安を抱えるでしょう。

 

これらのリスクを考えると、仮性包茎も放置より改善が望ましいと言えますね。
仮性包茎に関しては見た目のコンプレックスを持つ人が多く、改善することで自分に自信を持てるようになります。
仮性包茎が原因で女性に対して積極的になれない方は、改善して自信を付けてみてはいかがでしょうか?

 

仮性包茎の改善はどんな方法がベスト?

軽度の仮性包茎は、ペニスの増大や長茎術、亀頭の増大治療で改善可能です。
しかし、成人になるとペニスや亀頭を成長させることは容易でなく、自力で剥くにも限界があります。
自力で剥いたとしても、確実に包茎が改善されるとは限りません。
その点、男性専門クリニックで行っている包茎手術は包茎を治すことを目的にしているので確実に改善されます。

 

状態に応じて適切な手術方法が提案され、また手術に対するメンタルケアや手術後のアフターフォローもあるので、安心して手術を受けられます。
包茎手術はメスを入れる方法と切らない方法があり、軽度の仮性包茎は後者の術式を選べます。
【切らない包茎手術】は状態によっては受けられず再発する場合もあるので、根本的に改善したい方は【切る包茎手術】が最適です。

 

近年は見た目に配慮した治療が確立されており、麻酔技術も向上しているので包茎手術に対する不安は軽減されていると言えます。
日常的に支障をきたさないと言われている仮性包茎ですが、コンプレックスと思っている方は手術に踏み出して、長年の悩みから解放されてはいかがでしょうか?
まずはクリニックを受診し、専門医に相談することから始めてみてください。

ページトップ