deform

フォントの概念を覆すアジャスタブルフォント

単純な幾何学変形ではないアジャスタブルフォント

AXISフォントや都市フォントなど品質の高いフォントを作りだしているフォントファウンダリ、タイププロジェクトが既存の概念を覆すような画期的なフォント、アジャスタブルフォントを発表しました。

シームレスなウエイト・字幅の変化

サイトをざっと読んでスライダー類を操作してみるといかにこのアジャスタブルフォントが画期的なものかすぐわかると思います。従来ならフォントを選び、ウエイトを選び、レギュラーやボールドなどを選ぶという流れだったものが、フォントのウエイトや字幅をシームレスに変更することが出来るアジャスタブルフォントではウエイトの概念がなくなったと言ってもいいのかもしれません。カーニングをいじるようにウエイトや字幅を調整できる、すごい未来に来た感じがします。

動的な最適化

アジャスタブルフォント シミュレーション

タイププロジェクトのフォントは書体設計の初期段階からアジャスタブル機能を活用することを念頭に開発がおこなわていたということで、ウエイト・字幅の調整は単純に幾何学的な変形ではなく、字画の比率がバランスのとれた適正な状態に保たれるようになっているというのも重要なポイントです。

期待するところ

気になる点をあげるとすれば、その突き抜けた画期的さが既存の制作環境での利用を想定していない点でしょうか。今使わているPhotoshopなりInDesignなりのソフトウェアではアジャスタブルフォントの機能を使うことがもちろんできません。

ご要望に応じてアジャスタブル機能で最適化したAXIS Fontを個別に提供いたします。ご希望の場合は、会社名、部署名をご記入のうえ、メール (sales@typeproject.com) にてご連絡ください。

とある通り、いまのところType Projectにフォントを調整してもらうしか方法がないみたいですが、ユーザーが自由にいじれるような環境ができればいいですね。新しいアプリケーションなのか、プラグインのような形で既存の環境に組み込めるようになるのかはわかりませんが、とても期待しています。

アジャスタブルフォント ウェイトとコントラストがシームレスに変化

太くしてもつぶれない不自然にならない漢字。

アジャスタブルフォント 和欧混植でのバランス

適正に調整された結果、欧文フォントとの混植でもこんなに自然になるんですね。素晴らしい。。

蛇足ですが、アジャスタブルフォントのすごさを直感的に伝えてくれるこのアジャスタブルフォントのページ、Canvasを使ったシミュレーションUIがすごくよく出来てると思いました。
ウェブフォントとしてAXISフォントが使われているので、サイト全体から不思議な印象を感じます。普段ヒラギノに慣れているせいでしょうか。

Type Project